Event is FINISHED

英治出版オンライン トークイベント(稲田浩×九法崇雄×村瀬俊朗) 創造的チームのつくりかた:チームは一人の天才を凌駕できるか?

Description

「一人の天才」をチームは凌駕できるのか――?
時代の先端をゆく編集長、気鋭の経営学者が考える、
新しい発想を生むチームワーク。


新しい特集や連載を作り続け、世の中の意識や行動を変えることに挑戦し続ける「編集長」という役割。
各編集者の個々のクリエイティビティを高めながら、それぞれのアウトプットの和をまとめあげる…
「編集長」とは、トップダウンで物事を力強く推し進めている印象を持たれがちだが、実はチームワークを必要とされる最も象徴的な役割なのではないか?

そう考えるのは、日米10年以上にわたりチームワークを研究し、経営学や産業心理学をもとに日本企業との共同研究やコンサルティングも精力的に行っている経営学者、早稲田大学准教授の村瀬俊朗さん。

今回、英治出版オンラインの好評連載「チームで新しい発想は生まれるか」著者である村瀬さんと、村瀬さんが注目する二人の編集長をお招きし、「創造的なチームのつくりかた」を語り尽くすトークイベントを開催します。
村瀬さんが連載でこれまで考察してきた、創造的チームの特徴をみなさんとディスカッションしながら、実践へのヒントを解き明かしていきます。
また、連載ではまだ語っていない「チームの創造性」に関する最新研究などについても村瀬さんにお話しいただく予定です。

お迎えするスペシャルゲストは、『rockin'on』『EYESCREAM』『RiCE』『COZIKI』をはじめとするカルチャー誌を通して、音楽、ファッション、フードの最前線を編集してきた稲田浩さん。そして、『プレジデント』『Forbes JAPAN』という業界をリードする経済誌を手掛け、起業家のメンターとしても活躍する九法崇雄さんです。



「経営学者と編集長」という異色の組み合わせを通して、「創造的なチームのつくりかた」を掘り下げ、参加者のみなさんにとって実践のヒントが得られる場にしたいと思っています。
なお本イベントは、出演者3名が創造的チームワークの本質を熱く語る「トークライブ」、出演者と参加者のみなさんによる「フリーディスカッション 」の二部構成で行う予定です。

・既存の延長線ではない、新しい商品や事業の創造に取り組みたい方
・チームメンバーから創造的なアイデアを引き出し、メンバー同士の活発な議論を引き出すことに関心がある方
・個人ではなくチームで創造性を発揮することの可能性や限界を感じられている方

そんな方々にオススメのトークイベントです。
登壇者と近い距離で直接語り合える、少人数ならではの贅沢な場をいかし、ここでしか聞けない話が満載の場になればと思います。
ぜひご参加ください!

【トークテーマ(予定)】

・個人の創造性と、チームの創造性は何が違うのか?
・メディア編集における「クリエイティビティ」とは?
・経営学の研究における「クリエイティビティ」とは?
・チームワークは二種類ある
・最新の創造性研究、実践のヒント
・どんなメンバー構成だとチームの創造性は高まるのか?
・チーム内外のアイデアをいかに融合させるか?

【登壇者プロフィール】

●稲田浩(いなだ・ひろし)
RiCE 編集長、ライスプレス 代表
ロッキング・オン社にて「ROCKIN’ON JAPAN」「bridge」「H」「CUT」「rockin’on」編集部に勤務。2004年カルチャー誌「EYESCREAM」を創刊。2011年ファッション&ジャーナル誌「SPADE」を創刊。 2016年4月、12周年記念号をもって「EYESCREAM」編集長を退任後、ライスプレス株式会社を設立。10月にフードカルチャー&ライフスタイル誌「RiCE」を創刊。2016年末に「SPADE」第3号を発売。2018年9月に壱岐限定販売の漫画カルチャー誌「COZIKI」を創刊。

●九法崇雄(くのり・たかお)
Forbes Japan 編集次長兼WEB編集長
一橋大学商学部卒業後、NTTコミュニケーションズを経て、2004年プレジデント社に入社。14年より副編集長として特集デスクを担当するほか、『起業のリアル』『仕事漂流』などの書籍を企画、担当。17年2月、アトミックスメディア入社。同年12月より現職。株式会社オカムラと共同制作する雑誌『WORK MILL』のエディトリアル・ディレクターも務める。最近、手がけた特集は「30 UNDER 30」(Forbes JAPAN 2018年10月号)、「イノベーションの次に来るもの」(WORK MILL ISSUE03)など。

●村瀬俊朗(むらせ・としお)
早稲田大学商学部准教授
1997年に高校を卒業後、渡米。2011年、University of Central Floridaで博士号取得(産業組織心理学)。Northwestern UniversityおよびGeorgia Institute of Technologyで博士研究員(ポスドク)をつとめた後、シカゴにあるRoosevelt Universityで教鞭を執る。2017年9月から現職。専門はリーダーシップとチームワーク研究。
※英治出版オンラインで「チームで新しい発想は生まれるか」好評連載中!


【タイムテーブル(予定)】


18:30 開場
19:00~19:10 アイスブレーク
19:10~20:10 第1部:トークライブ 稲田浩×九法崇雄×村瀬俊朗
20:10~20:20 休憩
20:20~21:00 第2部:参加者からの質問をもとにディスカッション
21:00~21:30 懇親

【イベント概要】

●日時:2018年11月7日(水)19:00~21:30 ※18:30開場・受付開始
●会場:EIJI PRESS Lab(東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル5F)
JR山手線 恵比寿駅 西口/東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 徒歩3分
●アクセスマップ:http://www.eijipress.co.jp/lab/access.php
●参加費:5,000円

【ご注意事項】

●イベントの様子を撮影し、SNS等で紹介する予定です。写真撮影がNGの方は恐れ入りますが、事前にスタッフにお知らせください。
●キャンセルポリシー:イベント日から起算して、以下のキャンセル料を申し受けます。
前日23:59までのキャンセル依頼のご連絡:無料
当日キャンセル・ご連絡がない場合:100%、
※キャンセル方法はこちらをご確認ください。
※peatixの規定により、以下の場合は返金手数料としてキャンセル1件につき500円の手数料が発生します。
(1)クレジットカード払いにて支払日から50日以上経過している場合
(2)コンビニ・ATM払いでチケットを購入した場合
※自然災害などやむを得ない事情で開催が中止となった場合、参加費は全額返金いたします。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#385330 2018-11-06 05:48:24
More updates
Wed Nov 7, 2018
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
渋谷区恵比寿南1丁目9−12 ピトレスク 4F Japan
Organizer
英治出版株式会社
1,997 Followers

[PR] Recommended information